FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

無料経営相談室

ちいさな理美容室経営には、経営の相談相手がいません。

チェック 失客を減らすには、どうすればいいの?
チェック リピーターを増やすには、どうすればいいの?
チェック カルテ管理は、どうすればいいの?
チェック 3つの礼状って、どんなお礼状?
チェック 客単価はどうやって上げるの?

「本当に効果があるのかな・・・」
いきなりコンサルを受けるって不安ですよね?
コンサルサービスが不安だと感じる経営者さん、ぜひ「無料経営相談室」をご利用ください。

毎月1名の理美容室経営者さん限定で、無料経営相談室を開催しています。
無料経営相談室は完全無料です。
無料経営相を受けたからと言って、コンサルサービスを受けなければならないと言う、ご心配は御座いません。
無用なご心配はいりませんので、ご安心してお申し込みをして下さい。

無料経営相談室は。
スカイプ若しくは電話での対応となります。
相談時間は40分(おひとりさま1回限り)
こちらからお申し込み下さい。


スポンサーサイト
各種サポート |トラックバック(0) |コメント(0)

マンツーマン経営アドバイス

■マンツーマン経営アドバイス■
ちいなさ理美容室経営者は、サロン経営の悩みを相談する人もいません。

わたしは現役のサロン経営者です。
私のアドバイスは、よくある机上論ではありません。
明日から直ぐに実行できる、具体的なアドバイスが喜ばれています。

●失客改善
●リピート率アップ
●客単価アップ
●失客を減らすカルテ管理
●リピート率を上げるお礼状の書き方・出し方
●サロンの本当の姿を知る数値化
●お客さまの声の集め方


スカイプを使った、マンツーマン経営アドバイスは。
あなたの悩みを誰にも知らずに、安心して解決するコンサルサービスです。
マンツーマン経営アドバイスは。
3時間で25,000円となります。

お問い合わせ・お申し込みはこちらからどうぞ。お問い合わせ・お申し込みはこちらからどうぞ。
br>


■1年コンサルコース■
1年間しっかり経営改善に、取り組みたい方にオススメのコンサルプランです。
あなただけの経営改善プランをお作りいたします。

●失客改善
●リピート率アップ
●客単価アップ
●失客を減らすカルテ管理
●リピート率を上げるお礼状の書き方・出し方
●サロンの本当の姿を知る数値化
●お客さまの声の集め方
●メニュー提案


コンサルプラン専用のエクセルシートを活用して頂き、あなたのサロンの問題点改善を致します。
漠然とした問題店が具体的になります。
一人で悩まずに、わたしと一緒に繁盛店を目指しましょう!。
●毎月一回、2時間のスカイプコンサル
●その他、メール対応
月額25,000円(税込)
各種サポート |トラックバック(0) |コメント(0)

私のサロンの実例で解説します

お礼状集客アドバイザーの冨澤です。

1月2月は売上げが落ちる事は何度も記事で書いています。
その理由は客数の減少です。
客数が減少するから売上げは落ちるんです。


ここでもう一度売上げはどう作られるのかを確認します。
売上げ=客数×客単価×来店回数
売上げは、客数・客単価・来店回数、この3つの要素から成り立っています。

売上げを上げるには。
客数を増やす
客単価を上げる
来店回数を増やす

この3つしか方法はありません。

では私のサロンが1月2月の売上げ減少を防ぐ為にどうしているのかを公開します。
私のサロンが行いいていることは、客数を増やすです。
客数を増やすには2種類の考えがあります。
◆新規を増やす
◆既存客の来店を促す


1月2月は人が動かない時期です、つまり新規集客が難しい時期です。
わたしは新規集客ではなく、既存客に来店を促す戦略をとっています。

既存客に来店をしてもらう理由を作っているのです。
来店をする理由があれば、人は動きます。
良い例が「初売り」ですね。
初売りは、お得感があるからわざわざ買いに行くのです。
ただし初売りの対象は常連客でないこと、わたしは常連客が対象にお得感を出しているんです。


では何をしているのか説明します。
去年の10月~12月までにご来店頂いたお客さまに、ヘッドスパの1,000円チケットをお渡ししました。
「来年の1月~2月いっぱい使えますので、ぜひお使いくださいね」こう言って渡します。
ヘッドスパはわたしのサロンの人気メニューです。
「あの気持いいヘッドスパの1,000円チケットだから使わなくちゃ!!」こう思わせるのが狙いです。


しかも2月までに使わないと1,000円チケットが使えなくなってしますのです。
ヘッドスパの1,000円チケットは年に1回しかありません、これを逃したら来年まで無いんです。
普段、割引を一切しないサロンだから貴重な1,000円チケットなんです。

さらにこの1,000円チケットはカットと一緒でなければ使えません、ここがポイントです。

「ヘッドスパ1,000円チケットを今月行けば使える」=お得感。
これがお客さまがわたしのサロンへ来る理由です。

ヘッドスパで事実上の1,000円割引で、客単価は落ちます。
ですがそれ以上に客数が増えることで、売上げ全体を見れば上がる仕組みなんです。
じつはこの戦略で去年の2月は、12月の売上げに次ぐ売上げを作れました。


お客さまの来店サイクルを考え、去年のうちにヘッドスパ1,000円チケットを配布する。
1月2月で回収する、この仕組みを作っただけです。
この考えは9月以降の客数減少時期にも使えます。


もっと詳しい解説はこちらでおこなっています。
私のサロン実例 |トラックバック(0) |コメント(0)

2月までに済ませる準備

お礼状集客アドバイザーの冨澤です。

アメブロで書いた記事をこちらでのブログで詳しく書きますね。
1月2月は1年の中でも客数の減少や、売上げ減少が起こる月です。
理美容業でいえば、ほとんどのお客さまが年内にご来店を済ませています。
「年内中にカットを済ませておこう」と考えますよね。
「年内中に・・・」がサロンへ行く理由があるのです。


でも年を越して1月2月になると、サロンへ行く理由がなくなってします。
さらに「寒いからもう少し伸ばしてからカットしよう・・」って考えるのです。
結果的に客数の減少に繋がるんですね。
さらに1月2月は新規集客も厳しい時期です、多くの新規集客は見込めません。


ですから1月2月は前年の売上げを割らない経営をすればいいのです。
ですが客数が少ない代わりに、色々な作業をする時間が取れます。
この時間を有効活用する、頭を切り替えましょう。
3月からはお客さまが動き出します。
3月4月は卒業式や入学式、入社式などがあります。
卒業式や入学式は、お子さんだけでなくお母さんも「キレイにしなくちゃ」と考えます。
入社式に備えて色々な準備もしますよね。
人が動くし、サロンへ行く理由が沢山あります。


この時期を利用して新規集客をしたり、既存客の来店を促すことが何よりも大切なんです。
ではその為に「あなたのサロンでは何を売りますか?」
ここをハッキリさせないと、お客さまは来てはくれません。
ただ待っているだけでは、お客さまは来てくれません。


ネイルサロンなら。
卒業式・入学式にあわせたネイルを提案しても良いですよね。

エステサロンなら。
夏までに間に合うダイエットプランを提案して良いじゃないですか。

卒入学式は写真も撮ります。
マツゲエクステも提案できますよね。

売れる商品はいくらでもあります。
提案をすればいいんですよ、「●●をするとこんなに素敵な体験が待っています」って。


サロン側が何も提案をしてくれないからお客さまは分からないだけです。
ブログを活用すれば見込み客は集められます。



◆3月からは新規集客に力を入れる時期。
3月からは人が動く時期だということは、先ほども書きました。
人が動く、つまり繁忙期です。
3月~8月までは繁忙期ですから、この繁忙期に新規を集客するのです。


そして集めた新規客を、確実にリピートさせ常連客に育てる事が一番重要です。
せっかく集めた新規客も、一回きりのお客さまばかりでは、集客していなのも同じ。
確実にリピートさせ、お客の絶対数を増やすのです。
8月までに集めた新規客とリピーターさんが多ければ多いほど、9月以降の経営が楽になります。
分かりやすく言うと「8月までに貯金を出来るだけするイメージ」です。
8月までの金利が9月以降の売上げを楽にしてくれます。


その為には新規客を確実にリピートさせる仕組みを早急に作らなければいけません。
人間は忘れる生き物です、失客の理由の第1位は「何となく、特に理由がない」です。
ほとんどのお客さまがお店の存在すら忘れてしまうのです。
ですから「忘れさせない」仕組みが必要なんです。
その為に効果的なのが「心に響くお礼状」です。
「心に響くお礼状」の書き方と出し方を徹底すれば、必ずリピート率は変わります。


◆全ての事を数値化する
今現在ご来店下さっているお客さまの年齢・職業・性別・職業などを徹底的に数値化してください。
商品(メニュー)別販売比率と売上げ比率も数値化してください。
これらを数値化すれば、どんなお客さまがどの商品を買い、どのくらいの売上げなのかが見えてきます。
新規集客で売るべき商品は、現在一番売れている商品。
見込み客は、今現在一番多い客層に当てはまる方です。



これらを1月中に準備できれば3月からの繁忙期に間に合います。
なぜなら今日ブログを見た見込み客が、今日予約をしますか?。
しませんよね。
ブログを見て予約をするまでの時間を計算すると、最低でも2週間前にはブログを読んで欲しいのです。
2月中旬には記事をアップし、検索に掛からなければ遅いんです。


今日から3週間が勝負です。
3月以降に売上げを上げるのであれば、今日から3週間が勝負。
時間の余裕はありません。
でもやるのとやら無いのでは、結果は雲泥の差。


この3週間やるべき事が明確にするには小型店の正しい経営をおぼえましょう。
小型店の経営 |トラックバック(0) |コメント(0)

来店サイクルが2週間伸びただけで売上げは3割落ちます

お礼状集客アドバイザーの冨澤です。
みなさま今年も宜しくお願い致します。


来店サイクルが2週間伸びただけで売上げは3割落ちるってビックリしませんか?
たった2週間来店サイクルが伸びただけで、売上げが3割も落ちちゃうんですよ!。


小型店にとって失客は恐ろしいですが、来店サイクルが伸びるのも恐ろしいです。
来店回数が減るということは、年間来客数が減った事と同じです。
客数減少を防ぐ為にも、来店サイクルが伸びないよう対策を取らなければいけません。


では具体的にどんな対策があるのか。
◆お声掛け
◆お礼状

僕も色々試しましたがこの2つが一番効果的です。

◆お声掛けはどのようにするのか。
お客さまに次回来店目安を伝える。
この時に「何日後・何週間後」を明確に伝えることです。
曖昧な伝え方だとお客さまは迷ってしまいます。
「このスタイルだと1ヶ月後にスタイルが崩れてきて、スタイリングがしにくくなります、1ヵ月後にカットをされると良いですよ。」

お客さまは素人さんですから、来店の目安が分からない。
エステやマッサージ、ネイルなども同じ、お店側から何の提案もないからどうして良いのか分からない。
施術前の状態、施術後の状態をしっかり伝え、続ける事によってどうなるのか効果を教えてあげるのです。
きっとお客さまから喜ばれるはずです。


◆お礼状
来店直後にお礼状を出す方はいても、3週間後・来店サイクルの1週間前にもお礼状を出している方はほとんどいません。
僕のサロンでは3日・3週間・来店サイクルの1週間前と3回のお礼状を出します。
僕が担当しているクライアントさんも3回のお礼状を実践してもらっています。
来店サイクルの1週間前にお礼状を出す事によって「そろそろカットをする時期だな」と思い出させることが狙いです。
ですが「来て下さい」的な内容のお礼状ではダメですし。
3日・3週間のお礼状を出さないで、来店サイクルの1週間前だけお礼状を出すと失客の原因になります。


お声掛けもお礼状もコストが掛からず効果が出ますのでおススメです。
「具体的にどうすれば良いのか」そんな時はこちらをご利用下さい。
小型店の経営 |トラックバック(0) |コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。